ソフトバンク逆転勝ち!松田が決勝打 千賀は3勝目

[ 2018年5月15日 21:24 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―1楽天 ( 2018年5月15日    楽天生命パーク )

6回1死二塁、松田が中越えに適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは、5回に柳田の適時打で追い付き、6回に松田の適時三塁打と代打川島の適時打で2点を勝ち越した。先発の千賀は7回、1失点の力投で3勝目。チームは、連勝を2に伸ばした。

 ソフトバンクは1−1の6回、1死二塁で松田がセンターフェンス直撃のタイムリー三塁打で逆転。さらに、2死三塁で本多に代わって出場した川島の中適時打で追加点を挙げた。8回には、デスパイネの8号ソロ、さらに2死二塁で敵失に乗じ加点。9回には、途中から出場した福田の2号ソロで追加点を挙げた。

 投げては、先発の千賀が7回105球を投げて、6安打1失点の力投で3連勝となる今季3勝目を挙げた。

 楽天は、3回にウィーラーの犠飛打で先制したが、好機を生かせず、連勝が4で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月15日のニュース