青木が今季1号V弾!日本で7年ぶり一発 ハフが来日初勝利

[ 2018年5月15日 21:10 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―1巨人 ( 2018年5月15日    鹿児島 )

<ヤ・巨>8回無死、右越えソロを放った青木はナインからサイレントトリートメントを受ける
Photo By スポニチ

 ヤクルトが鹿児島で行われた15日の巨人戦に2―1で勝利。8回に日本球界で7年ぶりアーチとなる青木の今季1号ソロで勝ち越し、接戦をものにした。

 先発ハフは1点リードの4回、岡本に同点ソロを許すも8回112球を投げ4安打1失点と力投。来日初勝利を挙げた。

 巨人先発の山口俊は8回135球と奮闘したが、青木に浴びた一発が痛かった。打線もハフを打ち崩せず1点止まりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月15日のニュース