中日・松坂 吉川尚に初回先制2ラン被弾 プロ初本塁打献上

[ 2018年5月13日 18:08 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2018年5月13日    東京D )

<巨・中>1回無死一塁 吉川尚は右越えに先制2ランを放つ
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(37)が13日、東京ドームで行われた巨人戦に先発し、初回、吉川尚に先制2ランを被弾した。

 先頭の坂本勇に初球を左前打されると、続く吉川尚には2球目を右翼席に高々と運ばれた。吉川尚はこれがプロ初本塁打となった。

 松坂の東京ドームでの登板は、09年WBC以来9年ぶり。

 吉川尚は「ノーアウト1塁の場面だったので、(右方向に)引っ張れるボールをイメージして打席に入りました。(手応えは?)良かったですし、いい角度で上がってくれました」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月13日のニュース