復帰のDeNA浜口 5回5失点「慌ててしまった」

[ 2018年5月13日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―6ヤクルト ( 2018年5月12日    横浜 )

<D・ヤ>5回7安打5失点だった浜口
Photo By スポニチ

 左肩痛で出遅れていたDeNA・浜口の復帰登板は5回7安打5失点という結果だった。初回先頭・山田哲に初球を打たれ、中堅フェンス直撃の二塁打。この回3安打3四球で3点を失った。

 「ああいう形で打たれて慌ててしまった」。打線が5点を奪って逆転した直後の5回には、先頭・青木の中前打をきっかけに2失点。自身に黒星はつかなかったが「勝てる流れをつくれなかった」と反省した。延長戦を落としたチームは2連敗で借金2となった。

 ▼DeNA・ソト(2安打を放ち、球団の外国人では88年パチョレック以来となるデビュー4試合連続のマルチ安打)調子は良いのでチームの勝利に貢献できれば。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月13日のニュース