ヤクルト原 完投も点の取られ方が悪かった「あの四球が…」

[ 2018年4月11日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―3中日 ( 2018年4月10日    ナゴヤD )

<中・ヤ>8回3失点完投も敗戦投手となった原
Photo By スポニチ

 ヤクルトは原の8回完投も実らず、連勝が3でストップした。

 点の取られ方が悪かった。3回は先頭の福田を振り逃げで出し、松井雅にストレートの四球。犠打を挟み、大島にこの日初安打となる先制適時打を許すなど、手痛い3点を与えた。開幕から2連敗の右腕は「あの(松井雅の)四球が3点につながってしまった。いつも野手の方に打ってもらっているので、投手の僕が踏ん張らないと」と猛省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月11日のニュース