PR:

東洋大1年生・岡崎 「6番・右翼」で先発デビューでタイムリー

東都大学野球 第1週 最終日   東洋大 3―1 中大 ( 2018年4月11日    神宮 )

<東洋大・中大3>8回表1死一・三塁岡崎は右前にタイムリーを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 東洋大の1年生・岡崎心(じん)外野手(帝京出身)が「6番・右翼」で先発デビューし、1―0の8回に右前適時打を放った。「前の打席で凡退していたので、1本打ってやろうと思った。高校時代から神宮は慣れ親しんでいるので、緊張はありませんでした」と堂々と言った。

 帝京では1年から4番に座ったスラッガー。杉本泰彦監督も「名門で1年から4番を打っているので、風格がある」と評価した。帝京の同期の佐々木俊輔外野手も「1番・DH」で2安打をマーク。岡崎は「刺激になる」。帝京の1年生コンビが今季最初の勝ち点1を呼び込んだ。

 先発の上茶谷は1回戦の完封から中1日で1失点完投勝利を挙げ「アドレナリンが出ていたので、張っていると思ったけど、そんなに2日前と変わらない状態だった。チームが勝てて良かった」と笑顔を見せた。ネット裏で視察した日本ハムの山田正雄スカウト・顧問は「スタミナも問題ない。腕が速く振れるからタイミングが取りづらい。変化球も多彩で投手としてのセンスを感じる」と評価した。

[ 2018年4月11日 15:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム