駒大・多崎 公式戦初登板でリーグ戦初勝利「気持ちいい」

[ 2018年4月11日 05:30 ]

東都大学野球第1週第2日   駒大5―0立正大 ( 2018年4月10日    神宮 )

<駒大・立正大>6回を7安打無失点でリーグ戦初勝利を挙げた駒大・多崎
Photo By スポニチ

 公式戦初登板の4年生右腕、駒大・多崎が6回7安打無失点。リーグ戦初勝利を挙げ、チームの連勝に貢献した。

 前夜、大倉孝一監督の部屋に呼ばれ「神宮のマウンドを楽しまないと損だろ」と言われ、その言葉を胸に1メートル86の長身を折り畳む下手からの投球で奮闘した。「やはり勝ち投手になるのは気持ちいいですね」。7回からはドラフト候補右腕・白銀が3イニングを1安打無失点。完封リレーで6季ぶりに1部での勝ち点を挙げた。

 ▼立正大・坂田精二郎監督(駒大に連敗し)まだ地に足がついていない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月11日のニュース