中日 5回に打者一巡の集中打で7点!アルモンテ2号で4戦連続打点

[ 2018年4月11日 20:26 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2018年4月11日    ナゴヤD )

<中・ヤ>5回、アルモンテは右越え2ランホームランを放つ
Photo By スポニチ

 中日打線が打者一巡の集中打を見せた。

 1点を先制された直後の5回1死から平田が遊撃への内野安打で出塁。4回までノーヒットに抑えられていた相手先発・ハフに初安打を放つと、2死満塁から代打・阿部が左中間へ走者一掃の適時二塁打で逆転に成功した。6日に昇格した背番号5は「久しぶりの打席だったので、ストライクゾーンに来たら思い切り行こうと決めていました」と喜んだ。

 さらに、大島、京田も二者連続の中前適時打でリードを広げると、極めつけはアルモンテが右翼席に2号2ラン。絶好調の助っ人砲は「低めのストレートを上手く打つことができた。流れに乗れたね」と4戦連続打点となるアーチを放ち、だめ押しの7点目を刻んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月11日のニュース