21歳正妻候補のハム清水 もう3号 昨季まで3年間で1本だった

[ 2018年4月11日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―1ソフトバンク ( 2018年4月10日    ヤフオクD )

<ソ・日>6回1死、右中間へソロを放った清水はナインに迎えられる
Photo By スポニチ

 21歳の正捕手候補、日本ハム・清水が攻守でけん引した。1―0の6回1死から東浜の直球を右中間テラス席へ。昨季までの3年間で通算1本塁打ながら、今季は出場7試合目で早くも3本目。

 いずれも逆方向へアーチをかけ「本塁打はたまたま。何とかもう1点という気持ちでいった」と振り返った。守っては先発の上沢を粘り強くリードし勝利に導き「上沢さんに勝ちを付けられたのが一番うれしい」と安どしていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月11日のニュース