東芝、東京ガスを下す 平馬監督が初陣初勝利 スポニチ大会が開幕

[ 2018年3月11日 12:41 ]

第73回JABA東京スポニチ大会   東芝3―0東京ガス ( 2018年3月11日    神宮 )

<東京ガス・東芝>初采配となった東芝・平馬監督
Photo By スポニチ

 第73回JABA東京スポニチ大会が11日、神宮、大田、岩槻川通の3球場で開幕した。

 神宮球場では東芝が東京ガスを3―0で下した。先発したエースの岡野祐一郎投手が7回2/3を3安打無失点と好投。平馬淳新監督の初陣初勝利を飾った。

 岡野は「今年の開幕ゲームを任されて、チームを勝たせる投球ができて良かった」と安どの表情。打線は0―0の7回に、1番・小川裕生外野手、2番・松本幸一郎内野手の連続適時打などで3点を挙げた。

 公式戦初采配となった指揮官は「緊張しますね。でもプラン通りにやれた」と笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月11日のニュース