巨人ドラ1鍬原 シート打撃初登板「まだまだボールが高い」

[ 2018年3月11日 05:30 ]

シート打撃に登板する鍬原
Photo By スポニチ

 上半身のコンディション不良で3軍調整中の巨人ドラフト1位の鍬原(中大)が、入団後初の実戦形式となるシート打撃に登板。29球を投げ、打者6人に対し4本の安打性の打球を許し「力が入って、まだまだボールが高い」と語った。

 初実戦となる21日の常磐大との3軍戦(ジャイアンツ球場)へ向け、もう一度、実戦形式の打撃練習に登板することになりそうだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月11日のニュース