PR:

巨人・長野 初マルチ 陽岱鋼はコンディション不良で欠場

オープン戦   巨人7―2オリックス ( 2018年3月10日    ほっと神戸 )

<オ・巨>7回無死一塁、長野は左越え二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 外野の定位置を争う巨人・長野が存在感を示した。先頭の4回に右前打すると、7回には無死一塁から左翼フェンス直撃の二塁打。オープン戦初のフル出場で初マルチを記録した。

 「お疲れさまです」と言葉少なだったが、高橋監督は「まあまあじゃないですか」と及第点を与えた。定位置争いのライバルである陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)はコンディション不良のため欠場、「9番・中堅」で先発出場の立岡が1安打2打点した。指揮官は「それぞれがしっかり自分の持ち味、いいところを出し続けてくれればいい」とよりハイレベルなレギュラー争いに期待した。

[ 2018年3月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム