バレ 走塁と守備で意識改革 河田コーチ「ヘッドも褒めていた」

[ 2018年3月11日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト6―6広島 ( 2018年3月10日    マツダ )

<広・ヤ>2回、一塁走者・バレンティンは畠山の二塁打で三塁を回り、一気に生還
Photo By スポニチ

 昨季3勝しかできなかったマツダスタジアムで、ヤクルトのバレンティンが好走塁をみせた。

 中前打で出塁した2回、次打者・畠山の左翼線二塁打でエルドレッドが処理にもたつく間に、一気に本塁に生還した。2回の守備でも中堅手の山崎が鈴木の打球を見失うと左翼手として必死にカバーに回る姿勢をみせた。河田外野守備走塁コーチは「(走塁は)スタートが良かった。(カバーは宮本)ヘッドも褒めていた」と評価。守備や走塁への意識改革は助っ人にも浸透している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース