阪神・秋山 投魂5回零封 今季も竜キラー健在7K

[ 2018年3月11日 05:30 ]

オープン戦   阪神2―2中日 ( 2018年3月10日    甲子園 )

<神・中>初回、福田を三振に斬る秋山
Photo By スポニチ

 阪神・秋山は圧巻の投球だった。先発として5回を1安打に封じ込めるほぼ完璧な内容で順調な仕上がりを強く印象づけた。

 「勝負を急がないこと。次の球に生かすことをやった」

 明確なテーマを胸に臨んだ同一リーグとの対戦。初回は京田を142キロ直球で見逃し三振を奪って立ち上がった。2番のアルモンテに習得中のチェンジアップを捉えられ、左中間への二塁打を許しても落ち着いていた。2死二塁で迎えた福田は2球で追い込み、直球を2球見せた後、最後は131キロのフォークを低めに落として空振り三振。計算通りに退けた。

 「先制点を取ってもらった後のイニングをきっちりと抑えられた」と振り返ったように2回は簡単に打者3人で封じるなどリズムに乗り、5回までの4イニングは完全投球。奪った計7三振の決め球は直球、フォーク、カーブが2度ずつ、カットボール1度と実に多彩だった。

 12勝した昨季、中日戦には7度の先発でヤクルトと並んで球団別最多の3勝(1敗)を挙げるなど相性は抜群。当然、相手も研究を重ねてくる中で「ちょっと見せておくと対策も練ってくると思うので(本番で)利用できる。いろいろ見せられて良かった」と“エサまき”に成功した。

 30日からの巨人との開幕3連戦で最初の登板を予定し、順当にいけば3カード目の中日3連戦でも登板を見込まれる。今季も“竜キラー”として白星を量産しそうな前哨戦での快投だった。(遠藤 礼)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース