スポニチ大会 注目新人投手は147キロ右横手のJR東日本・宮本

[ 2018年3月11日 05:30 ]

 第73回JABA東京スポニチ大会(スポーツニッポン新聞社、日本野球関東地区連盟主催)が11日、神宮など3球場で開幕する。

 新人投手ではJR東日本の最速147キロの右横手・宮本に注目だ。東農大北海道オホーツク出身。昨年プロ志望届を提出したが指名漏れし社会人に進んだ。カーブ習得に挑戦中で手応えを得ており「新人らしく任されたところで期待に応えたい」。2年先輩の井口(現日本ハム)を目標に2年後のプロ入りを目指す。堀井哲也監督も「スピードが魅力。先発でもいけるんじゃないか」と期待を寄せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月11日のニュース