花咲徳栄卒業式 西武ドラ2西川&中日ドラ4清水がV記念碑贈呈

[ 2018年3月11日 05:30 ]

記念碑を寄贈し、岩井監督(右端)らと記念撮影する西武・西川(左から2人目)と中日・清水(同3人目)
Photo By スポニチ

 西武ドラフト2位の西川と中日同4位の清水が10日、埼玉県加須市で行われた花咲徳栄の卒業式に出席した。

 昨夏甲子園で埼玉県勢初の全国制覇を果たし2人でステンレス製の記念碑を寄贈。西川は「(岩井隆監督に)怒られてばかりだったが信じてやってきて今がある」と涙をこらえ、「まずは2軍で結果を出したい」と飛躍を誓った。清水は「記念碑が後輩の励みになれば。3年間で成長できた」とすがすがしい表情。指揮官は「優勝の重圧は気にせず今まで通り胸を張って社会に出てほしい」と、はなむけの言葉を贈った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース