報徳学園 小園 阪神、巨人スカウトが絶賛「言うことなし」「抜群だね」

[ 2018年3月11日 16:32 ]

練習試合   報徳学園6―3乙訓 ( 2018年3月11日    乙訓高G )

今秋ドラフト候補の報徳学園・小園は2安打でチームをけん引
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補の報徳学園・小園海斗内野手(2年)が11日、今春の選抜大会に初出場する乙訓(おとくに)との練習試合に「1番・遊撃」で先発。阪神、巨人の2球団が視察する中、プロ注目の最速139キロ左腕・富山太樹投手(2年)から2安打を放った。

 初回は内角高め直球を右前へ運ぶと、2回も内角高め直球をフルスイングで仕留め、中前へ運んだ。小園は「いい投手と聞いていたので、いつもより気を引き締めました」と笑った。

 4回の守備では三遊間へ抜けそうな当たりを逆シングルで好捕。すばやく一塁へ送球し、間一髪でアウトにしてみせた。阪神の熊野輝光スカウトは「足と肩は抜群。言うことなし」と絶賛。巨人の益田明典スカウトも「抜群だね。きょうは特に守備。打球判断が良かったね。走攻守と高校生ではトップクラス」とうなった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース