楽天・藤田 OP戦初出場で適時打 ケガで出遅れも「ホッとした」

[ 2018年3月11日 05:30 ]

オープン戦   楽天4―2西武 ( 2018年3月10日    倉敷 )

<楽・西>4回無死一、二塁、藤田は中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 キャンプ前に左ふくらはぎを痛め、2軍調整が続いていた楽天・藤田がオープン戦初出場で適時打を放った。

 4回無死一、二塁から中前に運び「1本出るのと出ないのとでは違う。ホッとした」。ゴールデングラブ賞3度の名手。二塁守備も問題なくこなし「レギュラーを約束されているわけではないので、開幕先発出場を目指してアピールしたい」と気合を入れ、梨田監督も「さすがというか、安心してプレーを見ていられる」。1月に死去した星野仙一前球団副会長の地元・岡山で勝ったこともあり、安どの表情を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月11日のニュース