パドレス牧田 観客沸かせた サブマリン投法にスローカーブ

[ 2018年3月11日 05:30 ]

オープン戦   パドレス2―0ホワイトソックス ( 2018年3月9日    ピオリア )

パドレスの牧田
Photo By スポニチ

 パドレス・牧田は9回のマウンドに上がり、1安打無失点、2三振1死球で初セーブをマークした。

 最後の打者を高めの球で空振り三振とし、「高めの球は空振りもファウルも取れるし、有効になってくる」と自信を深めた。サブマリン投法が目を引き、90キロ前後のスローカーブには観客席も沸く。33歳のルーキーは「オープン戦で打たれておかないと」とぜいたくな悩みも口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース