張本氏 イチローの古巣復帰に「一番いいところに入った」

[ 2018年3月11日 09:17 ]

野球評論家の張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(77)が11日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。大リーガーのイチロー外野手(44)について「一番いいところに入った」と、6年ぶりとなるマリナーズ復帰を喜んだ。

 「一番心配していた」というイチローの去就。移籍先が古巣に決まり「一番いいところに入った」とうれしそうにコメント。また、「日本に帰るときはユニホームは絶対に着ないという一貫した気持ちがあった。米国でも、ファームで契約して、そこから上に上がるという話もあったそうだが、それも一貫してダメ。2軍でやっていても意味がない。それでここまで引っ張ってきた」と、契約までの経緯も説明した。

 入団会見で「最低でも50歳までプレーする」と話したことにも触れ「自信があるんですね。自分自身で(できると)分かるんじゃないんですか、世界的な選手ですから」と太鼓判も。「急激に衰える場合もある」と指摘しながら「今年の活躍を見てみたいね」と期待した。

 また、練習試合で6失点したエンゼルスの大谷翔平投手(23)については「四分六(分)で成功しないと思う。下半身があれだけ浮わついていたら。この5年間、走り込んでいない。下半身で投げないと」と指摘。そのうえで「専門家が見てもそうなんですよ、けがをします。何回も言いますけどちょっと心配」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年3月11日のニュース