西武・浅村 先制2ランが決勝弾「雄星にいいプレゼント」

[ 2017年10月15日 05:30 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦   西武10―0楽天 ( 2017年10月14日    メットライフドーム )

<西・楽>初回、浅村は左越えに先制2ランを放つ
Photo By スポニチ

 決勝弾は主将のひと振りだ。初回1死一塁から西武・浅村が左翼ポール際へ先制2ラン。

 1ボールからのファーストスイングで則本の内角高めの147キロ直球を捉え「ホームランを打てるとは思わなかったけど、雄星(菊池)にいいプレゼントができた」。試合前、「気持ちを出してやるしかない」とナインを鼓舞。「全員で戦おうという形が出た。打って勝たないといけないと思っていたので、それが出たのは大きい」と振り返った。

 ≪今季インハイ本塁打ゼロ≫浅村の今季のコース別打率を見ると、真ん中から外寄りはめっぽう強いが、内角は苦手としている。初回に先制2ランを放ったのは、内角高めの直球で、打率.229、本塁打0のゾーン。則本は初球(ボール)から2球連続で内角高めを攻めており、配球は間違っていなかったが、浅村の技術が上回った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月15日のニュース