日本ハム・ドラ1堀 制球苦しみ4回5失点 フェニックスL広島戦

[ 2017年10月15日 13:50 ]

宮崎フェニックス・リーグの広島戦(天福)で先発した日本ハムの堀
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手(19)が15日、宮崎で行われているフェニックス・リーグの広島戦(天福)で先発。初回に桑原に右翼席に先頭弾を運ばれるなど制球に苦しみ、4回8安打5失点だった。

 今季は8月9日の楽天戦で中継ぎでプロデビューを果たし、9月29日の同戦ではプロ初先発。初勝利を挙げることはできなかったが、4試合で0勝1敗、防御率3・38の成績を残し、高卒1年目から貴重な経験を積んだ。

 11月の「アジアプロ野球チャンピオンシップ」にも高卒新人で唯一選出され「メンバーの中では最年少だと思いますが、与えられた役割をしっかりとこなして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」と語っていた。今後も宮崎で実戦感覚を維持し、侍ジャパンの「決戦」に備える。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年10月15日のニュース