ヤンキース 凡走で好機逃す 2死から左前打も二走スタート遅れる

[ 2017年10月15日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦   ヤンキース1―2アストロズ ( 2017年10月13日    ヒューストン )

<アストロズ・ヤンキース>5回2死一、二塁、ジャッジの左前打で二走バード(右)は本塁憤死(AP)
Photo By AP

 ヤンキースはカイケル攻略の唯一の好機を凡走で逃した。5回2死一、二塁、フルカウントから不振のジャッジが左前打を放ったが、二走バードは投球と同時にスタートを切っておらず、本塁憤死。

 「足を上げターンするけん制をしないのを確認してスタートした。もっと速く走れていれば」と悔やんだ。9回2死からソロ本塁打を放ったが、中盤に流れをつかみ損ねた痛恨のプレーだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月15日のニュース