金本監督「完璧でした」采配的中!勝利の方程式入れ替えた

[ 2017年10月15日 05:30 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   阪神2―0DeNA ( 2017年10月14日    甲子園 )

<神・D>7回、筒香を空振り三振に打ち取るマテオ
Photo By スポニチ

 先発・井納で奇襲を仕掛けてきたDeNA・ラミレス監督とは対照的に、CS初采配となった阪神・金本監督は泰然自若に普段着野球を貫いた。シーズン同様、2点リードの7回から「勝利の方程式」を投入して逃げ切り勝ち。普段と違ったのは、シーズンで3度しかなかった7回マテオ、8回桑原の投入順くらいだった。

 「シーズン中にもよくありましたが、クリーンアップとか強力なところは打者の左右もあるけど、調子のいい方を先に出そうということで。桑原の調子が落ち気味だったので、あえてマテオを先に行って。完ぺきでした」

 盤石のタクトを振るった。この日はマテオと桑原の調子を天秤にかけた。3番ロペスから始まる7回を2三振を含む3人で料理したリーグ最優秀中継ぎ投手は「明日もどこでも投げられる準備をして勝ちたい」と頼もしく、胸を張った。

 8回は、もう一人の最優秀中継ぎ投手が粘った。安打と四球などで2死二、三塁と一打同点のピンチを招いたが最後は同姓の桑原を空振り三振。なんとか無失点で切り抜けた桑原は「自作自演です(笑)。次こそはしっかり投げたい」と次戦を見据えた。

 最後はセーブ王の守護神だ。「いつも通り、仕事をしようと思った」と、この日の最速158キロを計測した直球主体に最後は筒香を157キロで3球三振に仕留め無失点リレーを締めた。

 「今年のシーズンは桑原が、ああいうところでキッチリ抑えてくれて、2位になれたので。もう信じていました。(ドリスは)スピードもあってコントロールもあって、本当に安心しました」と指揮官。今季78勝を積み上げた勝ちパターンで、勝つべくして勝った。(惟任 貴信)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月15日のニュース