則本 まさか…今季最悪4回7失点KO「大事な試合で情けない」

[ 2017年10月15日 05:30 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦   楽天0―10西武 ( 2017年10月14日    メットライフドーム )

<西・楽>3回無死満塁のピンチで、則本(左から2人目)の元に集まるナイン
Photo By スポニチ

 楽天のエース則本は下を向き、うなだれた。そして消え入りそうな声で自らを責めた。

 「大事な試合で情けない。シーズンをやり抜いても、こういう試合で勝てなかったら意味がない」

 西武・菊池との今季初の投げ合い。エース同士で白熱した投手戦が期待された中で、早々と試合をぶち壊した。初回、浅村に先制2ランを被弾。その後も制球は定まらず、3回には3四球が絡んで一挙5点を失った。「細かいコントロールができていなかった。それが全て。修正できなかったから負けにつながった」。レギュラーシーズンを含めて今季最多の7失点。最短の4回でKOされ、梨田監督も「あんな則本は初めて見た」と信じられない面持ちだった。

 9月21日に19歳の誕生日を迎えた藤平に誕生日プレゼントを贈った。イタリア製の高級バッグの包み紙にはメッセージも書いた。「2回の連敗ストップありがとう」。シーズン後半の6連敗と10連敗。いずれも止めたのは高卒の新人右腕だった。自身が新人の時、嶋と小山(現2軍投手コーチ)からもらったものと色違いを贈り、感謝を表した。次はエースである自身が真価を発揮する番だったが、最悪の結果になった。

 打線もレギュラーシーズンで8戦全勝を許した菊池に5安打で零敗。敗れるか引き分けで敗退が決まる15日の第2戦は岸が先発する。「明日やるしかない」と梨田監督。対戦相手の西武からFA移籍した右腕に全てを託す。 (黒野 有仁)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年10月15日のニュース