西武OB石毛氏 ワンバン始球式に苦笑い「思いのほか遠く感じた」

[ 2017年10月15日 05:30 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦   西武10―0楽天 ( 2017年10月14日    メットライフドーム )

<西・楽>始球式を行う石毛氏
Photo By スポニチ

 1980年代からの黄金期を支えた西武OBの石毛宏典氏が始球式を務め、ワンバウンド投球に「思いのほか遠く感じた。残念です。出直したい」と苦笑いを浮かべた。

 古巣は13年以来4年ぶりのCS進出。シーズン155安打、37盗塁で、石毛氏の新人球団記録を塗り替えた源田について「辻監督に使い切ろうと思わせてあの数字がある。短期決戦は脇役が主役になるステージ」と期待した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年10月15日のニュース