中日・森野 引退セレモニー挨拶全文「野球人生に幕を下ろす時が来ました」

[ 2017年9月24日 18:21 ]

セ・リーグ   中日3―2広島 ( 2017年9月24日    ナゴヤD )

<中・広>場内一周でファンに手を振る森野
Photo By スポニチ

 中日ひと筋にプレーした森野将彦内野手(39)が24日、ナゴヤドームで行われた広島25回戦でラストマッチに臨み、21年間の現役生活にピリオドを打った。

 0―0で迎えた7回、無死一塁の場面で代打として登場した最後の打席は広島2番手・九里から一塁ゴロ。藤井の二塁打でサヨナラ勝ちを収めた試合後はチームメートの手によって背番号と同じ7度宙に舞い、大の仲良しで知られた球団マスコット「ドアラ」と熱い抱擁をかわしてグラウンドを去った。

 試合後に行われた引退セレモニーでの森野の挨拶は以下の通り。

 21年間という野球人生に幕を下ろす時が来ました。まず初めに球団の関係者の皆様、このような場を与えていただいて本当にありがとうございます。

 今、思うことは、6人の監督にこのスタメンをスコアボードに僕の名前を書くことを我慢強く書き続けてくれた監督の方々、そして、何もできなかった僕を育てあげてくれた指導者の方々、1人じゃ何もできない練習を付き合ってくれた裏方の方、怪我をした時に一生懸命治してくれるトレーナー、本当に色々な方に支えられてここまでやり切ることができました。

 また、先輩、同級生、後輩、色々なチームメートに支えられて幸せな野球人生を送ることができました。そして、家に帰った時に何も言わずに待っていてくれた家族、僕をこのように丈夫に生んでくれた両親、皆さんに感謝を伝えたいと思います。ありがとうございました。そして、この歓声を送ってくれたファンの方々、本当に僕が打てない時にそれでも応援してくれる温かい森野ファン、ドラゴンズファン、本当にお世話になりました。

 今、ドラゴンズは苦しい中にいます。でも、このファンの方々がいる選手は幸せだと思います。もっともっとやってくれるはずです。僕も期待してユニホームを脱ぐわけですが、何とか僕の意志を、今ユニホームを着ている選手たちに優勝を目指してやってもらいたいと思います。最後にはなりますが、この背中を最後まで押してくれたファンの皆様、本当にありがとうございました。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース