DeNA今永 強気貫き5戦ぶり白星「必ず横浜でCSを」

[ 2017年9月24日 21:27 ]

セ・リーグ   DeNA2―0阪神 ( 2017年9月24日    甲子園 )

<神・D>2回裏1死一、二塁、大和(左)を二ゴロ併殺に仕留め、グラブを叩いて喜ぶ今永
Photo By スポニチ

 DeNAの今永が24日の阪神戦で7回途中無失点の好投を見せ、自己最多を更新する11勝目をマーク。8月17日の中日戦以来5戦ぶりの白星を手にした。

 チームの3連勝に貢献した左腕は「この一カ月間、本当に迷惑をかけていたので、なんとかしたいという強い気持ちでいきました。結果につながってよかった」と安どの表情。「(7回の)イニングを投げきれなかったけれど、チームが勝てて良かった」と勝利を喜んだ。

 ここ4戦を振り返り「先頭打者の初球から良いボールを投げる当たり前のことがなかなかできていなかった」と反省。「マウンドで自信のない表情をしないように、いつでも強気の投球をしよう」と強気を貫いた。

 チームは4位・巨人とCS出場権をかけた激しい3位争いを繰り広げているが「3位を目指している選手は1人もいない」ときっぱり。2位阪神とのゲーム差は4・5あるが、「2位になって必ず横浜でCSを開催することが目標」と力強く宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース