中日 森野ラストマッチに花添えるサヨナラ勝ち 主砲同点弾、最後は藤井が劇打

[ 2017年9月24日 17:23 ]

セ・リーグ   中日3―2広島 ( 2017年9月24日    ナゴヤD )

<中・広>9回、サヨナラ二塁打を放ち、ナインと喜ぶ中日・藤井(4)
Photo By 共同

 今季5位が確定している中日が主砲・ゲレーロの起死回生の同点2ランから試合をひっくり返し、すでにセ・リーグ連覇を決めている広島に藤井のサヨナラ打で勝利を収めて今季ホーム最終戦と森野の現役ラストマッチを飾った。

 中日・笠原、広島・野村と両先発投手の好投で6回までお互いにゼロ行進。そして0―0のまま迎えた7回、広島は西川、小窪の連打と代打・新井の内野安打などで2死満塁としてから田中の死球による押し出しで先制し、続く野間も押し出し四球を選んで2点をリードした。

 だが、中日は8回、1死一塁から4番・ゲレーロがこの回から登板した広島2番手・ブレイシアから左中間スタンドへ起死回生の35号同点2ラン。そして2―2で迎えた9回、京田の内野安打と犠打で2死二塁とし、藤井が広島5番手・高橋樹から左翼手の頭を越えるサヨナラ二塁打を放った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース