無人の二塁へ…巨人・畠 3敗目「バタバタしてしまった」

[ 2017年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―3広島 ( 2017年9月23日    マツダ )

<広・巨>4回無死一、三塁、3点目を失い、肩を落とす畠。手前は生還した丸
Photo By スポニチ

 新人の巨人・畠は6回3失点で3敗目を喫し「ランナーを出してバタバタしてしまった」と反省。同点の4回無死一、二塁で、無人の二塁へけん制悪送球して二、三塁とピンチを広げ、適時打と犠飛で2点を勝ち越された。

 広島には自身3戦2敗とセ・リーグで唯一勝ち星がない。高橋監督も「細かいミスは反省して(今後)出ないように」と促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース