ヤクルト 47年ぶり90敗 由規乱れた6四球4失点

[ 2017年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―8阪神 ( 2017年9月23日    神宮 )

<ヤ・神>5回、ロジャース(後方左)に2ランを被弾する由規
Photo By スポニチ

 8月13日の中日戦以来の先発となったヤクルト・由規が制球に苦しんだ。

 5回2死走者なしから四球を出し、ロジャースに2ランを浴びるなど5回4安打4失点。6四球と乱れ、「無駄な四球を出してしまった。打たれてはいけない場面で打たれた」と肩を落とした。チームは47年ぶり4度目の90敗。真中監督は「(由規の)評価は難しい。1つでも勝てるように頑張っていくしかない」と苦渋の表情を浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース