悩める“清宮の兄貴分”早大の加藤 5試合で16打数ノーヒット

[ 2017年9月24日 17:56 ]

東京六大学   早大4―6立大 ( 2017年9月24日    神宮 )

 早実・清宮幸太郎の兄貴分、早大の加藤雅樹外野手(2年)が苦しんでいる。春は首位打者となり迎えた秋季リーグ戦。しかし開幕からヒットが出ず、この日も2打数ノーヒットで代打が送られた。

5試合で16打数ノーヒット。他校のマークも厳しく「結果を出したい。1本打ちたいとなって頭が混乱している」と振り返る。明大、立大に勝ち点を落とし1勝4敗となった早大。「やはりマークされるよね。これを乗り越えていかないと」と高橋広監督も奮起を期待する。加藤の打棒復活なくしては早大の勢いも出てこない。「もう一度やり直します」と今週末の東大戦に気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース