巨人、球団ワースト125併殺打 6試合残して記録更新 

[ 2017年9月24日 20:35 ]

セ・リーグ   ヤクルト―巨人 ( 2017年9月24日    神宮 )

<ヤ・巨>7回1死一、三塁、村田が三ゴロを放ち、二塁手・山田に送球され併殺となる
Photo By スポニチ

 巨人は24日のヤクルト戦(神宮)で2併殺を喫して今季の併殺打が125となり、チーム併殺打の球団ワーストを更新した。

 初回、先頭の陽岱鋼が中前打で出塁したが、続くマギーが三ゴロ併殺。今季137試合目にして2014年のワースト記録に並ぶと、7回には先頭のマギーが中前打で出塁、坂本が四球、阿部の中ゴロで1死一、三塁としたが、村田が三ゴロ併殺に倒れた。

 巨人は前日の広島戦で今季最多タイの4併殺を喫し、球団ワーストに“王手”をかけていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース