腰に疲労…ソフトB東浜 今季最少81球降板「かばいながらだった」

[ 2017年9月24日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―3楽天 ( 2017年9月23日    ヤフオクドーム )

<ソ・楽>2回に先制弾を浴び、ベンチに戻る東浜(右)と甲斐
Photo By スポニチ

 16日の優勝決定後、初めての本拠地での試合は、ソフトバンク・東浜が5回4安打1失点で5敗目を喫した。

 腰付近に疲労があり、今季最少の81球で交代。「慢性的におかしかった。かばいながらだった」と話した。試合後に優勝セレモニーが行われ、熊崎勝彦コミッショナーがペナントや67年ぶりに新しいデザインとなったトロフィーを授与。工藤監督はファンに「まだまだ戦いは続きます。クライマックス、日本シリーズ、2つの夢をかなえたい」と決意を述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース