ソフトB・東浜が抹消 腰の張りで大事取る 最多勝利は単独でなくても

[ 2017年9月24日 12:10 ]

<ソ・楽>2回2死、ウィーラー(右)に左越えソロアーチを浴びる東浜
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・東浜巨投手(27)が24日、腰の張りのために出場選手登録を抹消されることが決まった。23日の楽天戦(ヤフオクドーム)に先発したが、5回1失点で81球を投げたところで症状が強くなり、降板していた。一夜明けた24日も症状に変化はなく、大事を取った。

 「優勝が決まっていなければ投げられたけど、クライマックス・シリーズもある。悪化させるのはよくない」と倉野投手統括コーチ。現在、ハーラーダービートップの16勝で2位の西武・菊池とは1勝差だが「単独で獲る必要はない。本人も意識はない」と同コーチ。菊池ら他の投手が17勝以上する可能性がない限り、無理はさせない方針だ。

 代わりにはきょう24日の楽天戦に先発する摂津正投手(35)が、出場選手登録される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月24日のニュース