ドラ1候補が緊急降板…立命大・東 左太腿裏の違和感訴える

[ 2017年9月24日 05:30 ]

関西学生野球   立命大4―3京大 ( 2017年9月23日    ほっと神戸 )

立命大の東
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の152キロ左腕、立命大・東が左太腿裏の違和感で1回27球で降板した。

 本調子に遠く、2失点。21日の練習でランニング中に痛めたと言い「無理してケガをするより、他の投手に任せた方がチームのため」と話した。10月9日の関大戦には間に合う見通しだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月24日のニュース