中日・伊藤 背信1回持たず8失点KO…5位確定

[ 2017年9月24日 05:30 ]

セ・リーグ   中日5―13DeNA ( 2017年9月23日    ナゴヤドーム )

<中・D>初回途中8失点で降板する伊藤(中央)
Photo By スポニチ

 投手陣が被安打17で13失点。一方的な展開で5位が決まり、中日・森監督は「先発がゲームをつくらないとこうなる。やってはいけない試合」と嘆いた。

 先発・伊藤は7長短打を浴び、1回持たずにKO。初回に8失点は、98年4月22日のヤクルト戦でプロ野球ワーストの13失点して以来19年ぶり。攻撃陣は石田に6回まで無安打。7回にようやく初安打が生まれ、計5点を返したが焼け石に水だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年9月24日のニュース