被弾門野泣き崩れる…関西国際大 3戦連続タイブレークも悪夢

[ 2016年6月10日 05:30 ]

<奈良学園大・関西国際大>延長10回タイブレーク1死満塁、宮本にサヨナラ満塁弾を浴び、泣き崩れる奈良学園大・門野

全日本大学野球選手権第4日・準々決勝 関西国際大3―7奈良学園大

(6月9日 神宮)
 関西国際大は大会史上初めて3試合連続でタイブレークに持ち込んだが、09年以来7年ぶりの4強入りを逃した。

 延長10回に宮本にサヨナラ満塁弾を浴びた門野はマウンドで泣き崩れ「自信のある直球を打たれた。相手が上だった。申し訳ない」と声を絞り出した。1、2回戦のタイブレークで決勝打を放っていた上田は延長10回1死満塁で二ゴロ併殺打に倒れ「ヒーローになる気持ちでしたがカーブを引っ掛けてしまった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース