殿堂入り元プロ選手の研修免除を検討 学生野球資格回復で

[ 2016年6月10日 08:25 ]

 プロ野球経験者が学生野球資格を回復する際、野球殿堂受賞者については制度を緩和することを検討することになった。

 9日に都内でアマとプロの事務打ち合わせが行われ、殿堂入りした元プロに限ってアマとプロの双方で必要な研修会の免除や研修会に替わる制度を協議していくことを確認した。日本野球機構(NPB)などプロ側から制度緩和を要望されており、来年からの導入を目指す。現行では東京、大阪でそれぞれ開催されるプロアマ計3日間の研修と適性検査を経て、資格回復が認められる。また今年の研修実施期間について、東京開催分はプロアマ続けて2泊3日で実施する方向となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース