4番長野 タイムリー2本「得点圏で打てていなかったのでね」

[ 2016年6月10日 05:30 ]

<西・巨>5回1死一塁、右中間に適時二塁打を放つ長野

交流戦 巨人4―7西武

(6月9日 西武プリンス)
 巨人の4番・長野が2本の適時打をマークした。3回に1死二塁から中前に運ぶと、5回にも1死一塁から右中間二塁打を放った。

 勝利にはつながらなかったが、2打点を挙げ「僕自身。ここまで得点圏で打てていなかったのでね。良かったです」と笑顔で振り返った。勝負強さを見せた4番に、高橋監督は「いい形、展開で点が取れていた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース