DeNA 痛っ…好調ロペスが左足親指骨折 登録抹消へ

[ 2016年6月10日 05:30 ]

DeNAのロペス

 DeNAのホセ・ロペス内野手(32)が9日、福岡市内の病院で検査を受け、「左足親指の骨折」と診断された。

 8日の試合前、二塁の守備練習中に打撃練習を行っていたエリアンの打球が左足親指に直撃。この日のソフトバンク戦まで2試合連続で欠場していた。10日に出場選手登録を抹消される。

 ラミレス監督は「全治についてはまだ聞いていない」としたが、同箇所の骨折は1カ月以上を要するのが一般的。前半戦での復帰は微妙となった。ロペスは主に5番打者としてチームトップの44打点をマーク。本塁打も筒香に並ぶチームトップタイの14本を放っていた。主軸の離脱に指揮官は「ロペスを失うことは非常に残念だが、いるメンバーでやるしかない」と、沈痛な表情を浮かべていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年6月10日のニュース