西武 栗山が欠場「お休みしてもらう」

[ 2016年6月10日 19:28 ]

 西武の栗山巧内野手(32)が、10日の中日戦(西武プリンス)にスタメン出場しなかった。

 9日の巨人戦(西武プリンス)の7回に左手首付近に死球を受け、試合中に埼玉県所沢市内の病院に直行。検査の結果、骨には異常はなく打撲と診断された。一夜明け、患部にはまだ腫れと痛みが残っているそうだが、試合前練習に参加してキャッチボールや守備練習などをこなした。潮崎ヘッド兼投手コーチは「大事を取って、お休みしてもらう」と説明した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年6月10日のニュース