イチロー 快音止まらず3戦連続マルチ!3戦7安打で最多まであと5本

[ 2016年6月10日 09:11 ]

<ツインズ・マーリンズ>初回に右前打を放ったマーリンズのイチロー (AP)
Photo By スポニチ

インターリーグ マーリンズ10―3ツインズ

(6月9日 ミネソタ)
 マーリンズのイチロー外野手(42)が9日のツインズ戦に「1番・右翼」で先発出場。初回の第1打席で右前打、7回の第4打席では右前適時打を放ち、3試合連続、今季11度目のマルチ安打をマークした。

 ツインズ先発のサンタナはこの試合まで通算91打数30安打、打率3割3分と得意にしている相手。第1打席でイチローは149キロのストレートをしっかり捉えると、第4打席では1死一、ニ塁の好機で右前に打球を運び、3試合連続の打点を記録した。

 このツインズとの3連戦で7安打を集めたイチローは、これでメジャー通算2973安打とし、殿堂入りの目安とされる3000安打まであと27本。日米通算では4251本とし、ピート・ローズの持つメジャー通算最多安打記録まで5本に迫った。

 試合は10―3でマーリンズが大勝。2―2の同点で迎えた7回にイチローの適時打を含む、8安打7得点で勝負を決めた。先発のコーラーは6回4安打2失点と好投を見せて4勝目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース