ロッテ二木 藤浪に投げ勝っても平身低頭 野手に感謝

[ 2016年6月10日 05:30 ]

<ロ・神>6回2失点で4勝目を挙げた二木

交流戦 ロッテ7―2阪神

(6月9日 QVCマリン)
 ロッテ・二木が6回2失点で4勝目(5敗)を挙げた。

 「真っすぐが狙ったところにいかなかった」という4回は変化球に頼って2点を失ったが、ここで開き直り、原口を内角直球で捕邪飛。高山を140キロ直球で中飛に打ち取り、白星を引き寄せた。セ・リーグ屈指の右腕、藤浪に投げ勝ったが「野手の方に勝たせてもらった」と平身低頭の20歳。「次は自分の投球で勝ったと言われたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース