西部ガス 都市対抗2年連続切符 難病乗り越え花城が力投

[ 2016年6月10日 05:30 ]

都市対抗野球2次予選・九州第3代表決定戦 西部ガス6―2三菱重工長崎

(6月9日 サンマリン)
 西部ガスが三菱重工長崎を下して、初出場だった昨年に続いて本大会出場を決めた。

 先発して6回途中まで2失点と力投した新人・花城は、亜大3年春に黄色じん帯骨化症を患って手術。入院とリハビリを繰り返して昨秋から実戦復帰も「今も走り込みができないし足がしびれたりする」。4月の熊本地震後は、復旧作業のため現地入りもした中でつかんだ全国切符に「まだ全国大会では勝っていないので絶対に勝って帰りたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年6月10日のニュース