ソフトバンク鶴岡 巨人・菅野から決勝V犠飛「あれが精一杯」

[ 2016年6月10日 22:01 ]

<ソ・巨>8回1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ鶴岡

交流戦 ソフトバンク2―1巨人

(6月10日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは巨人との接戦を制し、エース菅野から待望の決勝犠飛を放った鶴岡慎也捕手(35)が、今季初のお立ち台に上った。

 鶴岡は「相手が菅野で、こういう試合になると思っていたけれど、本当に疲れた」と試合を振り返り、自身がリードした投手陣を「皆が本当に良く投げてくれた」とねぎらった。8回、1死満塁のチャンスで放った決勝犠飛を「本当は奇麗に打ちたかったけど、僕にはあれが精一杯」とあくまで謙虚に語るも、「狙い球をしぼって打った結果」と満足げな表情をのぞかせた。

 今季は接戦に強いソフトバンクだが、鶴岡は「接戦に勝てるのが強いチームだと思うので、こうやって勝っていきたい」と意気込み、「明日(11日)も巨人に連勝できるよう頑張ります」と本拠地での連勝を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年6月10日のニュース