炭谷 11年目初の6番で二塁打「まさか いいところに飛んでくれた」

[ 2016年5月25日 22:05 ]

パ・リーグ 西武7―0楽天

(5月25日 西武D)
 西武の炭谷がプロ11年目で初めて6番で先発出場し、走者一掃の適時二塁打を放った。2―0の三回2死満塁で外角の変化球を右中間にはじき返し「まさかの6番。いいところに飛んでくれたし、久しぶりの長打になって良かった」と喜んだ。

 守備では3投手をリードして完封リレーに導いた。「雄星がしっかりした投球をしてくれているので、僕自身が楽にやらせてもらっている」と7回無失点と好投した菊池を持ち上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月25日のニュース