ヤクルト 借金今季最多6 真中監督苦言「制球できてない」

[ 2016年5月25日 05:30 ]

<ヤ・神>汗をぬぐうヤクルト先発・八木

セ・リーグ ヤクルト5―7阪神

(5月24日 神宮)
 ヤクルトは3連敗で借金は今季最多の6に膨らんだ。

 今季初登板初先発の八木が3回4失点KO。初回は振り逃げ暴投を含む4三振も、2回2死から8番鳥谷と9番能見に連続四球を与えて崩れた。真中監督は「三振は取っていたが、ここというときに制球できていない」と苦言。打線も3―5と2点差に迫った8回に無死満塁の好機をつくったが、奪ったのは畠山の押し出し四球による1点のみ。投打ともに精彩を欠く内容に「8回にひっくり返しておかないといけなかった」と指揮官の表情は最後までさえなかった。

 ▼ヤクルト・八木(2回2死から鳥谷に与えた四球について)追い込んだが力みが強く四球を出したのがもったいなかった。一気に3点を失い流れを悪くした。

 ≪八木1イニング4K≫八木(ヤ)が阪神戦の初回に三振振り逃げを含む1イニング4奪三振のプロ野球タイ記録。15年6月6日西武戦で平田(D)が記録して以来18人目(セ10人目)、チームでは00年4月14日広島戦のレモンに次ぎ2人目。初回にマークしたのは八木が史上初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月25日のニュース