ロッテ・ナバーロ 先発復帰弾で3連勝 伊東監督“無気力”注意

[ 2016年5月25日 05:30 ]

<日・ロ>6回2死、ソロ本塁打を放つナバーロ

パ・リーグ ロッテ3―1日本ハム

(5月24日 札幌D)
 ロッテのナバーロがモヤモヤを吹き飛ばす一発を放った。

 不振で2試合スタメンを外れたが、先発復帰すると、2―0の6回に有原から左越え2号ソロ。10試合ぶりの本塁打で3連勝に貢献し「自分のスイングができた。いい追加点が取れた」と喜んだ。

 4月23日のデビュー以来スタメンを続けていたが、5月21日のオリックス戦(京セラドーム)で初めて先発を外れた。翌22日も先発を外れ、試合前のフリー打撃では当てるだけの無気力なスイングを繰り返した。見かねた伊東監督から監督室に呼び出され「怠慢な姿が見られる」と注意を受けた。この日は守備でも気迫あふれるダイビングキャッチを見せ、指揮官を安心させた。11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来となるデスパイネとのアベック弾「ナバパイネ弾」で有原に今季初黒星を付け今季最多タイの貯金8。ナバーロは「自分はできる打者というのを見せていきたい」と胸を張った。 (渡辺 剛太)

 ▼ロッテ・デスパイネ(初回に先制の右越え10号2ラン)うまく捉えることができた。この球場が好き。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月25日のニュース