青木、今季初8番で無安打 いきなり好機で打席「難しかった」

[ 2016年5月25日 05:30 ]

アスレチックス戦の2回、一ゴロに倒れるマリナーズ・青木

ア・リーグ マリナーズ0―5アスレチックス

(5月23日 シアトル)
 マリナーズの青木は今季初めて8番で先発出場し、4試合ぶりに無安打に終わった。1打席目は2回1死満塁の先制機で一ゴロ。今季先発時は1番が36試合、2番が1試合で「(今まで)いきなり好機で打席が回ってくることはない。試合の入り方が難しかった」と苦笑いだった。

 その後の2打席は野手の正面を突いた鋭い打球。打率・229と苦戦するが「試合の中で修正できたから、明日以降に生かしたい」と前を向いた。(小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月25日のニュース